シミュレーションゴルフのディオンジャパン / 株式会社ディオントーキョー / ゴルフシミュレーターTHEON日本販売代理店窓口 / 東京都新宿区

スピンシステムSpin system

OK ON GOLF SPIN SYSTEM (スピンシステム T−140S)

シミュレーションゴルフ ディオンジャパン

ボール弾道再現率は99.85%。天井に設置した4台の高速カメラセンサーにより、ボールスピン量を的確に計測し、業界最高性能を誇る最新ゴルフシミュレーター「スピンシステム(T−140S)」

今までのゴルフシミュレーターは、ボール弾道を再現するために、クラブヘッドやクラブ軌道から弾道を予測したり、レーザー・赤外線センサー等を使用し、それなりの弾道を再現してきました。
しかし、計測というよりは予測をして弾道を再現してきたため、再現率は85%〜90%程度に留まり、性能に対する高い支持を得られませんでした。 問題点はボールスピン量を正確に計測していないことが挙げられます。

スピン量を「的確に計測」出来ない障害から、微妙な部分でズレが生じ適正な弾道を反映する事ができません。
特にフェードやドロー等の弾道や、バックスピン量による飛距離の増減、アプローチ性能がリアル感とかけ離れていたのが大きな課題でした。

その問題を解決したのが「スピンシステム(T−140S)」です。多くのプロゴルファーが、スピンシステムの性能に太鼓判を押す「理由」をご紹介します。

スピンシステム(T−140S)は、天井に4台のハイスピードカメラを搭載している業界唯一のモデルです。4台の高速カメラがボールの特殊マーキングを瞬時に且つ正確に計測することで、これまで不可能だったボールのスピン量計測を正確に行う事が可能となりました。 高速で回転・移動するゴルフボールを、瞬時に計測できるシステムです。

特殊な専用ボールによる正確な計測
スピンシステムは、特殊な専用ボールを使用します。ボールにはマーキングが施され、360度方向、どこからの撮影でも計測できるように、計算されて配置しています。これまでの弾道計測機では、ボールのマーキングをカメラ方向にセッティングする煩わしさがありましたが、スピンシステムは、ボールの置く向きや、位置は自由自在です。

スピンシステムに搭載している「グラバーシステム」は、1秒間に5000コマの撮影が可能です。4台のカメラで毎秒20000コマの計測が可能となります。ドライバーショットはボール初速度が70m/sを超えます。4台の超高速カメラは、男子トッププロのボール初速でも正確に計測し、スピン量を0.05秒で瞬時に計測し、画面上に0.1秒で再現させることができます。
アイアンショットは毎秒何千回転でボールが回転します。鋭いスピン量計測も、4台の高速カメラを搭載しているスピンシステムは、撮り逃す事がありません。

スピン量を正確に計測することが可能となり、フック、スライス、トップスピン、バックスピン、ドロー、フェードなど、あらゆる球筋を本物同様の弾道に再現することが可能となります。
その再現率は99.85%と世界最高性能を誇ります。 パターのスピン量まで反映させる事が可能なのは、スピンシステムならではの機能です。

ボールを計測するセンサーは天井に設置しており、計測エリアは打席前方にあります。そのため打席周りは邪魔なものが何もありません。この快適性もスピンシステム最大の特徴といえます。
また、ゴルフシミュレーターによっては、ボールを置く位置が決まっていますが、スピンシステムは、ボールをどこにおいても正確な計測が可能です。
それを実現可能にしたのは、ティ前方に50センチ四方の計測エリアがあり、ここを通過したボールを4台の超高速カメラが瞬時に捉え計測します。

打席周りに障害物が何もないので、標準仕様でも、左右打ちが可能となり、オートティアップ機やスイングプレートなどのオプション機器にも対応しています。

ボールのスピン量をどれだけ正確に計測しているか、足でボールを踏み実際のボールと画面のボールを比較してみます。バックスピンがかかり、実際のボールの動きと画面上のボールの動きが全く同じ動きになっているのがわかります。

ゴルフシミュレーターで再現率が一番難しいとされるアプローチショット。スピンシステムでは、特殊なマーキングボールで正確にスピン計測をしているため、ランニングアプローチやピッチエンドラン、ピッチショット、ロブショットなど、自由自在に打ちわけが可能です。スピン量を正確に計測できるスピンシステムだからこそ、実現が可能になりました。

正確なスピン量計測により、フックやスライス、ドローやフェードの弾道の再現率99.85%以上を実現。

【スピンシステム(T−140S)の5大特徴】
  1. 4台の高速カメラでスピン量を正確に計測。
  2. 独自のアルゴリズムで、ボールショットのタイムラグ0.1秒を実現。
  3. 打席周辺に障害物がなく、足元がスッキリ。
  4. ボールをどこにおいてもショットが可能。正確な弾道計測。
  5. 標準で左右打ち可能。
【構成内容】
  • ピンセンサー(高速カメラセンサー×4、トリガーセンサー×1)
  • ネイチャーグラフィック(最新映像技術)
上に戻る
© シミュレーションゴルフのパイオニア「株式会社ディオントーキョー」 All Right Reserved.